VRスカイダイビングケージ

スカイダイビングの疑似体験をできる密封式のエアケージが完成しました。※システム自体は当社では制作していません。

前回は透明窓もつけましたが今回は風通しをよくするために窓をなくしてオープンにしています。

※レンタル会社をご紹介します。

 

 

スピードガン・エア遊具・水上遊具の関西エスアンドエー

エアー遊具の安全運営に関してお願い

今回は前回の「エア遊具の歴史」に続き「エア遊具の安全」に関して海外の事故報告とともにご案内させていただきます。

アメリカでの最近の研究によると、エア遊具による事故(ケガ)が増えています。
エア遊具に起因するケガのために、1日平均31人の子供が通院しています。それは1990年から2010年にかけて負傷した約65,000人の子供たちです。
2000年から2015年までに、風によるエア遊具の事故が64件発生し、271件の傷害と10件の死亡事故が発生しています。
(ウィキペディアより)

とにかく「風による転倒事故」は運営の過失であり、完全に防げる事故です。
必ず運営マニュアルにしたがって強風時の使用は絶対にしないでください。(砂袋も杭も役立ちません。)

ただエア遊具は体を使ってこども達が自由に「飛んだり」、「跳ねたり」、「走ったり」する非常に楽しい遊具ですので防げない事故(ケガ)も発生する可能性もあります。

子供たち個々の「運動能力」や「学習能力」の違いにより、遊具の中で転んだり、ぶつかったりする事で運営に過失がない場合でも事故が発生する場合があります。
その際は迅速なケガの手当てと誠意ある対応に努めて下さい。

 

 

 

スピードガン・エア遊具・水上遊具の関西エスアンドエー

エアー遊具の歴史

今回は受験シーズンでもありますので少し趣向をかけてエア遊具の歴史を簡単にご紹介します。

将来、「エア遊具検定」などが誕生すれば役立ちますよ。(笑)

1959年 アメリカのScurlockという人物がエア遊具の原点となる空気膜の上で飛んで跳ねることを開発、その後ジャンルを変えて消防の安全マットなどへ利用が広がる。(エア遊具も60歳というとこです。)

1966年 初めてのエア遊具の会社が開業

その後、世界に広まりました。(ウィキペディアより)

遊び方も当初のジャンプするだけから、滑り台、障害物競走、迷路などとジャンルも増えました。

 

<資料:当社が提携していた英国メーカーの工場風景:20年以上前>

※残念ながらこの会社も今はありません。

 

 

 

 

スピードガン・エア遊具・水上遊具の関西エスアンドエー

タイガードームバウンサー

タイガードームバウンサーが完成しました。
お客様の要望で入口にスロープを設置しています。(階段不要)

ドームバウンサーは別にパイプ式の階段をつける場合が多いです。
それは今までの日本の伝統と言うのもありますし、他のエア遊具と違い密封されているドームに入るのでよりしっかりした階段が便利でした。
(スタッフもサポートしやすいですが荷物が増えコストもかかり一長一短ありますね。)

 

スピードガン・エア遊具・水上遊具の関西エスアンドエー

関西エスアンドエーの新商品情報・国内外の集客に役立ちそうなおもしろいネタ・アミューズメントやエンターティメント情報をご紹介