トップページ > チョコレートファウンテン > メンテナンス方法

チョコレートファウンテンメンテナンス方法

当社ではベース皿自体の交換サービスを行っておりますが、ご自身でメンテナンスされる場合は下記を参考になさってください。


ご利用時間が300時間~500時間ごとにファウンテンベース皿の動力部分(軸、ベアリング、シール)のメンテナンスを行ってください

チョコレートファウンテンニューモデルでは、長期間/長時間使用していると噴水ベース受け皿の動力部分(軸、ベアリング、シール)にチョコレートが浸透し溜まって動きにくくなります。また放置することでモーターまでチョコレートが垂れてモータートラブル(交換必要)を起こす場合もございます。
その予防のために利用時間が300時間~500時間を目安にベース皿の稼動軸部分の「シール」と「ボールベアリング」の交換お願いいたします。

スピンドルセット

当社販売のセット
スピンドル(軸)、ボールベアリング×2、シール×2

チョコが詰まったベアリング

左:チョコが詰まったベアリング


ベアリング&シール交換方法

★噴水ベース受け皿

①表の四角の突起をレンチで固定します。
②裏の羽根にドライバーなどを当てて時計回しにし③羽根部品を外します。
④プラスドライバーでネジを外します。
⑤金属カバーとゴムパッキンを外します。
⑥表側から軸を叩き出します。
⑦金属パッキン、シールが内部に残ります。
⑧シールを交換する場合はラジオペンチなどで全て取り除きます。熱で硬く付着している場合が多い。
⑨スピンドル(軸)ベアリング、シールを交換します。(シールは凹んでる部分内側に合わせます。)逆の順序で元の状態に戻します。

img1~9

追記:②で大変硬く外せない場合があります。⑤ラバーパッキンなどの破損がある場合は交換してください。⑦4つの固定ネジを外せば軸受けごと外すと(ゴムハンマーなどで叩いて外す)シールを取除きやすくなります。⑧軸受けに貼り付いて大変外れにくい場合があります。この際はマイナスドライバーなどであまり傷つけないよう根気よく外してください。(シールプーラーという工具があれば便利です。)
スペアパーツ:スピンドル、シール×2、ボールベアリング×2 (セットが便利です)

ご利用時間1500時間ごとにモーター内のブラシの交換しましょう

ご利用時間1500時間以上でモーターの回転が弱くなったり、止まった場合は一度モーターのマグネットブラシを確認してください。非常に小さくなっている時などは交換が必要です。

チョコメンテナンス

※ 交換方法は簡単です。

ベースを裏返して底からモーターを見ると4箇所のマイナスネジの蓋があります。
それを外せば簡単にブラシを交換できます。


<ベアリング&シール交換例>
img

①②前頁の要領で羽根部品などを外した写真③チョコレートの浸透によりスピンドルユニット(軸、ベアリング)などが固まって回転しなくなる

img

④内部にもこげ等の汚れがみられる。
⑤シールを簡単にはずせない場合は上記のようにスピンドルユニットの土台を外します。(4つのボルトで留められている)。土台は接着されていないが強く貼りついているのでマイナスドライバーなどを間に差し込めば外せます。
⑥シール部分にも汚れがたまっています。