サブスク防災(実現に向けて構想段階)
subscription disaster prevention

サブスクリプション式エア防災設備レンタルシステム(略称:サブスク防災)は自治体や企業が「簡単に」「非常に安いコストで」「継続的に」災害時の避難所が開設できるシステムです。

利用方法

  • 1)利用者(自治体、企業)は当社提携の機材管理会社と貸出契約を結びます。※1
  • 2)機材管理会社は機材を保管・メンテナンスを行い、災害要請(地震や予期せぬ災害)や災害準備(気象庁の大雨災害予報)に応じてJIT便にて「エア防災設備※2」を提供します。
  • 3)使用後(使用しない時も)、JIT便にて機材管理会社に返送します。

メリット

  • ・空気で膨らませる防災設備のため簡単に設置・撤去ができますので、たとえ空振りで終わったとしても避難所開設を容易にできます。
  • ・防災設備に広告を入れることで機材の投資金額を抑えることができ、安価な貸出契約が可能になります。
  • ・広告主はエア防災設備に広告を入れることで企業の社会貢献をニュース映像などを通して広めることが可能になります。※3

※1:契約は1年単位で金額は広告入り(格安)と広告なしの2種類になります。

※2:エア防災設備は日々お客様の声を聞きながらアップデートを重ねていきます。

※3:エア防災設備にスポンサー名(広告や寄贈者)をプリントすることで機材の導入コスト0を目指します。


お気軽にお問い合わせください。