簡易陰圧室Depressurized room

コロナウイルスなどによる感染症の患者さんを隔離できる簡易の陰圧室です。
安価で簡単に短時間で誰でも設営、撤去ができます。
オリジナル製造なので個別のサイズ変更、仕様変更が容易です。
災害時の避難所の感染症対策にも役立ちます。
空気によって柱を膨らませて透明シートで外部と遮断し、ファンの風力で内部の空気をチューブを通じて屋外に排出し常時陰圧状態にします。

排出のチューブは接続延長が可能で、病室内のベッドから屋外まで伸ばすことができます。
(※定期的に排出ダクトの周囲を除菌)

また排出口にHEPAフィルターを取付けたり、空気の循環量を大きくしたり、入口を2重構造に変更したりと需要と設置場所に応じて変更することもできます。

あくまでも簡易モデルなので高額な医療設備と比較すると陰圧・除菌などの機能は劣るかと思いますが、感染者が急拡大して既存の医療設備では足りない場合には役立つはずです。

ベッドサイズでデザインはされていますが、中に椅子をいれることで一般医院でのインフルエンザなどの患者の待合隔離などにも活用できます。

★コロナ対策関連製品として医療テント・テイクアウト用テントもございます。

※当社はエア防災設備の企画・製造のみ行っており、販売及びレンタルの窓口は下記の会社になります。

株式会社 ワンステップ

tel:0985-64-5399

fax:0985-64-5401