「おもしろ企画」カテゴリーアーカイブ

サッカースクールの新形態

前回のバッティングセンターの新しいモデルに続いて今回は英国よりサッカースクールの新しい形です。

ショッピングセンター内にサッカーのスキルアップを目指したプログラムで集客しているようです。

アプリと連動してデータ管理などをしながら技術を磨けそうです。誕生日パーティーなどのイベントも対応しているようです。

日本でもショッピングセンターで空きテナントなどを埋めるために新しい集客施設としておもしろいかもしれませんね。

子供が練習している間に保護者は買物等楽しめますし、屋内だと天候に左右されることもありません。

もちろん「対人練習」に関してはチームとしての練習や試合が欠かせませんが、サッカーにおいてもパーソナルな科学的な練習やデータ管理がどんどん進んでくるかと思われます。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

アメリカ最新バッティングセンター情報

今回はアメリカで注目のバッティングセンター「ホームランダッグアウト」をご紹介。

テキサス州にあり、今後国内外でフランチャイズを増やしていく計画のようですが日本でも野球を盛り上げるためにこんな楽しそうなバッティングセンターができて欲しいですね。

速い球を打つのではないので「練習」よりも「娯楽」として野球を楽しむ感じです。

アメリカの場合「ゴルフの打ちっぱなし」でも同じようにグループでパーティーをしながら楽しむシステムや、「ボーリング」でも飲食をしながらパーティーで楽しむことも多いので日本の居酒屋みたいな活用方法がされているのかもしれませんね。

※日本だとこれだけの敷地の確保(収益性)が難しく、安全面でバックネットも必要になるかもしれませんね。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

シーグライダー

大阪関西万博開催に向けて「空飛ぶ車(有人ドローン)」のニュースをよく目にしますが海に囲まれた日本ではこちらのアメリカのベンチャー企業が開発中の「シーグライダー」の方が安全かつより有効的に活用できそうです。

メーカーでは日本も市場として考えているよう(既に商社などと組んでいるのかも?)ですが正直、日本国内で陸の上を「空飛ぶ車」が飛び交うのは現実的ではなさそうですが沿岸部や諸島間をシーグライダー飛交うのは比較的実現性が高そうに思えますね。

空港も必要なさそうなのでインフラ投資も少なくて済みそうですね。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

服部緑地公園リニューアル

当社の位置する北摂には有料の「万博記念公園」と無料の「服部緑地公園」の2つの緑のオアシスがあります。

どちらも週末などは多くのイベントが開催されています。
その片方の「服部緑地公園」では大規模なリニューアルが行われています。

正直、既存施設など老朽化で汚らしかったので新しい施設がたくさんできるのは楽しみですね。

さらに多くのイベントが企画開催され今回設置されなかったドッグランや水遊び施設も当社の遊具(ドッグランウォーターパークもあります)がレンタル活用されることを期待しています。

ただ駐車場や周辺道路の混雑、BBQ客や犬の散歩マナーなど心配なところもありますね。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

エピックユニバース

アメリカのユニバーサル オーランド リゾートに 2025 年に「ユニバーサル エピック ユニバース」がオープンすると発表されました。パークは 5 つのエリアで構成されるようです。

正直、日本からわざわざ行くにはちょっと内容的には弱い気もしますがUSJが日本のコンテンツ(ゲーム&アニメ)に依存しているようにユニバーサルスタジオの本家も日本のコンテンツに依存していくのかもしれませんね。

やはり「スパイダーマン」はじめ「マーベル」をディズニーに権利を取られたのは大きいですね。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

スーパーボウル2024チケット情報

アメリカで現地時間11日にラスベガスのアレジアントスタジアムでカンザスシティ・チーフスVS.サンフランシスコ・49ersの一戦が開催されます。

公式の再販サイトで一番安い席でも1人$6300(100万円弱)~のようでNFLの人気の凄さと、アメリカの金余りもあり、日本の庶民からするとなかなか理解できない金額ですね

日本から東京ドームライブを終えたばかりのティラー・スイフトが恋人の応援に駆けつけるんじゃないかと注目されていますがハーフタイムショーより話題になるかもしれませんね。

さて試合はどちらが勝つのでしょうか?
個人的にはテールゲートカフェの調査などでリーバイススタジアムで観戦したことのある49ersを応援しております。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

ダムパークいばきた

当社のある吹田市のお隣の茨木市では本年度に安威川ダムを活用した「ダムパークいばきた」なるレジャーパークが一部OPENするようです。

将来的には日本最長の人専用の吊り橋やバンジーなど話題になりそうな施設ができるので関西圏からのドライブ観光客を集めそうですね。

★エリアマネジメントなる民間活用でやっていくみたいなので今後イベントや興行で参加するチャンスもいろいろ出てくるかもしれませんね。

フローティングサウナ(サウナボート)などをダム湖に浮かべれば関西だけでなく全国から観光客を呼べそうに思います。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

本当の空飛ぶ車

大阪関西万博の目玉として「空飛ぶ車」をPRしていますが実際は「電気ヘリコプター」、「有人ドローン」と言うのが正しいかと思います。

アメリカのサムソン社では実売に向けて本当の「空飛ぶ車」のテストが進んでいます。

 

価格は2500万~なので庶民のものではなさそうですね。
何よりアメリカでも自動車免許と小型飛行機免許がいるようですので国土の狭い(平地がない)日本では難しいですね。

実際、日本で普及するとすれば本物の「空飛ぶ車」でなく「電動ヘリコプター」のように思います。
利用シーンも移動ではなく観光地での遊覧飛行になるように思えますね。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

今年の遊具

昨日、今年の漢字が発表されて「税」が選ばれました。
全国のトップニュースにはなってはいますが、もう一字で世相を表現する限界も感じますね。

さて話は変わって当社の今年の遊具とスピードガンを発表させていただきます。(人気&話題性より)

★今年のエア遊具:ジャンボ千本引き
伝統的なゲームですが巨大化させたことで数多いリピート注文を頂きました。年末から年始にかけてSCや観光施設で皆様にも体験して頂けるかもしれませんね。

★今年の遊具(エア物以外):トランポリンパーク
運営に難しさはありますが若者向け施設としては比較的安価な投資で高収益を生むようですね。

★今年のエア防災設備:パイプ式プール
こちらは「エア」ではないですが防災設備としていろいろなサイズのプールを製作させていただきました。来年度もさらに多くの注文(認知度アップ)を頂けそうです。

 

★今年のスピードガン:スポーツ2の3桁表示板セット
高校野球で相手チームのグランドで練習試合➡設置されたスピードガンの高性能に興味➡対戦相手の監督から当社をご紹介➡新規購入。の流れが多かったです。
ブルペンに設置して速度を投手自ら「目視:読上げ不要」できるのがおすすめポイントです。

★当社のYoutubeのランキング
アートミストバルーンの犬のおしっこが人気みたいですね。

2023年度も残り少なくなってまいりました。
週末から一気に寒さも増すようなので皆様におきましてもインフルエンザはじめ病気にかからないように免疫力を高めてよい年末をお迎えください。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

NYC上空観光争奪戦

先日のニュースでアメリカのNYでは2025年にドローン(空飛ぶ車)でマンハッタンとJFK空港を$200程度で結ぶと発表されました。

また観光に関しても各展望台が新アトラクションを導入して顧客獲得競争を繰り広げています。

当社が先日視察したロックフェラーセンターの展望台でも12月にかつての鉄骨の上での休憩シーンを再現できるアトラクション「BEAM」を開業し、さらに2024年には、せり上がる展望塔も開業するようです。

またヘリコプターツアーもただ上空から景色を見せるだけでなくSNS映えできるように脚を外に出せるように扉を開放したりしているようです。:怖

こちら大阪では日本一の高さを誇っていた「あべのハルカス」が東京の「麻布台ヒルズ」に高さ日本一の座を奪われ、大阪関西万博では「空飛ぶ車」は展示程度になりそうなので、これからも大阪の上空の観光が苦戦しそうですね。外国人には梅田スカイビルの「空中庭園」は人気のようです。

個人的には堺の仁徳天皇陵でのバルーン観光を期待しているのですがこれもヘリウム漏れのトラブルで開業のめどが未だ立たないみたいで残念ですね。

大阪が一気に「上空からの観光」で世界トップに立つためには「大阪城」の堀の上を空飛ぶ車で上空からの天守閣観光を始めればいいように思います。万一、落下しても堀(水上)に落ちれば命は助かりそうに思えます。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー