「海外おもしろ情報」カテゴリーアーカイブ

ダミー・エア軍事製品

海外サイトより軍事向けのバルーンをご紹介。
いろいろな兵器がバルーンで再現されています。

ロシアのウクライナへの軍事侵攻では新しい兵器としてドローンが活躍しています。それにより多くの軍事車両が効果的に破壊されています。

ただ世界の軍事産業では戦車や軍事車両、航空機をミサイル攻撃から守るためにエアでできた安価なダミーを配置します。それにより自軍の本当の車両を守るだけでなく敵に無駄に高価なミサイルや砲弾を使わせることもできます。

非常にリアルに製造されていますね。
当社でも製造は可能ですが当社の製造工場が「仮想敵国の中国」にあるので受注することは難しそうですね。

何よりもロシアの軍事侵攻が一日でも早く終結して、ウクライナに平穏な日常が帰って来ることを切に願います。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

家庭用ゴルフゲーム

日本では男子ゴルフよりも女子ゴルフの方が盛上っている感じですがアメリカではタイガーウッズの復活の期待が高まり男子ゴルフが大人気のようです。

今回はそんなアメリカの通販より家庭用のゴルフゲーム2種をご紹介。日本ではこれで遊べる家が非常に限られそうですね。

★上記は当社取扱商品ではありません
類似の業務用(イベントや施設向け)の製品の企画製造は
行ていますのでご興味のある法人様はご相談ください。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

円安に対する対応

本日、円安が進行して$1が¥132と報道されていました。

当社ではスピードガン及びエア遊具関係も「卸価格」と言うものを決めて販売しておりますがこれ以上円安が進めば価格の改定なども検討することになるかと思います。

さらにアメリカなどはインフレが進んでおり毎年確実に仕入れ価格も上がってしまいます。

商品のご購入をご検討のお客様はその都度、見積りを要請することをお願い申し上げます。

ちなみにアメリカのインフレのニュースとしてユニバーサルオーランドの駐車場料金が記事にありました。
プライムパーキング(歩く距離が短い入園口に近い)を使用する場合は価格が$ 10.00高くなり、現在は$ 60.00(7900円)です。一般駐車場は1日$27(3500円)でかなり歩くことになります。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

散骨キャノン砲

先日、石原慎太郎さんの海での散骨がニュースになっていました。かつては宇宙葬と言うのも話題になったことがありますが墓と言うものがいずれなくなってくるのかもしれません。

土葬のイメージが強いアメリカですが今は火葬も多いのかもしれません。そんな中、アメリカではその遺灰をいろいろな遺品に作り替えるサービスも広がっています。また、散骨に関してもいろいろなアイデアが出てきていますがこちらの商品はキャノン砲を使って散骨するサービスです。

当社でもアミューズメント施設やイベント向けにキャノン砲を輸入販売したことがありますがさすがにこのアイデアはないです。

当社の周辺にも急激に「家族葬」の施設がどんどん増えていますのでお葬式や埋葬などの業界は好景気なのかもしれませんね。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

アメリカ:エア遊具ツアー

アメリカでは巨大なエア遊具を使った全米を廻る興行ツアー「ザ・ビッグバウンス・アメリカ」が人気のようです。

各州で週末3日程度開催する感じです。/幼児エリア$19/ジュニアエリア$32/大きな子供エリア$32/成人エリア$39/に分かれています。
アメリカのインフレを反映してか、なかなかの強気な料金設定ですね。(成人で¥5000)

日本でも同じように開催もして欲しいところですがエア遊具がまだまだ子供だけのものと思われている感が強いです。

また調子に乗りすぎた若者を管理するのも難しいかもしれません。(日本では自己責任ではなく管理者に責任が問われます。)

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

オリジナル屋内向けアスレチック

屋内施設様向けのオリジナルデザインのエア式のアスレチックが完成しました。

近年、トランポリンパークの国内人気に伴い屋内向けのアスレチックの製造も増えてまいりました。

世界的に成人向けのエア遊具の開発が進んでいますので日本でもこれからも需要は伸びてくると思います。

英国では「インフラータブル5K」として全国でツアーを開催しています。日本でも近いうちに代理店などできそうですね。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

MLB 投手の粘着物質使用問題

昨年度、MLBでは投手の粘着物などの使用の取締り?を強化しました。その結果、多くの投手のデータ計測で回転数の低下が見られたようです。

資料:ある投手の回転数の変化

取り締まり前は、スピン率は過去5か月間一貫して増加していました。多くの投手は、2,500 RPM以上(RPM = 1分あたりの回転数)に分類される「スーパースピン」4シーム速球に到達することもできました。

資料:MLB投手の回転数(平均値)ランキング

取締りによるスピン率の低下により、テキサスレンジャーズのようなチームは過去7試合で41得点を記録し、ゲームあたり平均約5.85得点を記録しました。それ以前のシーズンの平均は、ゲームあたり4得点を下回りました。(2021/6)

このように粘着物質の使用がなくなる→投手の回転数が落ちる→バッターに有利になる→得点が増えるという傾向になったようですね。

資料:球速と回転数の相関表です。
やはり球速と回転数はある程度比例して上がります。

もちろん粘着物質の使用は問題ですがボール自体が滑りやすいなど(独占契約)など別の問題もあるようでなかなか難しい問題ですね。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

MLBのピッチャーの回転数

今回はプロ野球における投球の回転数に関する考察です。

野球のボールの回転数を計測する時の単位は、RPM(Revolution per minutes)という「1分間の回転数」になります。

プロ野球のピッチャーの投球の場合、球速150キロとすると、ピッチャーの手を離れてキャッチャーのミットに届くまでおよそ0.44秒とされています。

この計算ですと、チャプマン投手が投じた魔球は投げてからキャッチャーに届くまで、約6回転しかしないことになります。
通常の直球の場合、2000RPMを軽く越えますので28~30回転程度になると思われます。(計算が正しければ)
MLBではこの回転数が投手の新しいスカウティングの指標になっています。
回転数が多ければボールが落ちにくい(ホップする球)、回転数が少なくなれば落ちやすい、ぶれやすい(落差のある球)になります。
それを投げ分けることができるチャプマン投手は恐るべしですね。
★次回は粘着物質と回転数の変化も考察したいと思います。

 

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

透明人間になれる板

クラウドファンディングで話題になっていた「透明人間になれる板」です。

今まで映像などを使たものがありましたがこちらはレンズ効果を使った実際にその場で透明人間になれる非常に面白そうな商品ですね。

値段も安く観光施設に1枚立てておくだけでインスタ映えの人気スポットになれそうですね。(すぐに広がるので早い者勝ちかな?)

 

 

★当社取り扱い製品ではありません。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー

PitchClock:ピッチクロック

MLBでは2023年シーズンより投球時間制限ピッチクロックを導入すると発表しました。
ピッチャーは14秒以内(走者がいる時は19秒)に投げないとボールになるみたいです。

アメリカで導入されるルールはいずれ日本でも導入されると思いますのでスタジアムなどでの大型の秒数表示器の需要が出てきそうですね。

※当社では取扱う予定はありません。

試合を早く進めるためのアイデアですが試合時間が読めない野球は現代では放送や配信にもあまり向きませんし、何より展開が遅くて若い観客(視聴者)離れも心配です。

当社が提案するなら現在の3アウトx9イニングから4アウトx5イニングくらいが攻守交替の無駄な時間も減り良いと思います。

スピードガン・エア遊具の関西エスアンドエー